スメタナ/交響詩 モルダウ

モルダウ スメタナ

Add: kenarali83 - Date: 2020-12-11 16:39:45 - Views: 2518 - Clicks: 3534

モルダウ(モルダウの流れ) 合唱曲. ビシェフラト; ブルタバ(モルダウ) シャルカ; ボヘミアの森と草原から; ターボル; ブラニーク; の6曲から構成さ. 壮大で、スケールが大きい チェコの第2の国歌ともいわれる《モルダウ》 川の流れのごとき音楽が、あなたを癒やしてくれる! スメタナ: 連作交響詩「わが祖国」:モルダウ チェコの独立への思い、夢、希望がつまった、スメタナ:わが祖国、その中でも、もっとも有名で、壮大な1曲. スメタナ 交響詩「我が祖国」よりモルダウ APR 2 13:13:38 pm by 東 賢太郎 前回、フランクのソナタでフランコ・ベルギー派のヴァイオリンについて書きました。. スメタナ作曲の「わが祖国」は、上述の通り約6年かけて作られた連作交響詩です。 交響詩とは、管弦楽により演奏される標題音楽で、作曲家が「交響詩」と命名したもののことをいいます。 「わが祖国」は6つの交響詩によって成り立つ連作交響詩です。 6曲で構成される「わが祖国」。 その中でも第2曲の「ヴルタヴァ(モルダウ)」が特に有名です。 単独で演奏されることもあります。 今回のレコードには、第1曲「ヴィシェフラド(高い城)」とのカップリングで収録されています。. スメタナ 交響詩「わが祖国」より「モルダウ」 暗くなってくると、一気に年末の雰囲気が出てきますね。 住宅地での家屋のイルミネーションも良いですが、商業地域の華やかさには心踊るものがあります。. ヴィジェフラド(高い城) 0:00~ヴルダヴァ 15:35~シャールカ 27:24~ボヘミアの森と草原から 37:35~ターボル 51:00~ブラニーク 1:03:35~バイエルン.

交響詩は何が重要かと言うと、先ほども言いましたけど、メッセージを伝えることができる。だからこそ、こういう曲が生まれるんですね。 <ピアノ演奏> (チェコの作曲家・スメタナが作曲した)「交響詩モルダウ」。. スメタナ: 連作交響詩「わが祖国」:モルダウナクソス・クラシック・キュレーション 切ないチャート 癒し ☆☆☆☆切ない ☆☆☆☆☆元気. スメタナの作品の優れたところを集めたという点で聴き易いアルバムとなっている。 かの有名な「連作交響詩」の6曲においても、正直に言って、当盤に収められた3曲と、他の3曲では、完成度、聴き味など、当盤に収録された3曲の方が格段に勝る。. 連作交響詩『我が祖国』 は. ドヴォルザーク:交響曲第7番・第8番&第9番≪新世界より≫ 交響詩≪野ばと≫ スメタナ:交響詩≪モルダウ≫(shm-cd) ※アン ・ 即決 2,860円 ウォッチ スメタナの交響詩、モルダウにハマっています。 音楽が流れる目覚まし時計の曲のリストの中に、 モルダウの曲が入っていたため、 興味をもったようです。 「眠い朝も、お気に入りの音楽で起きれば元気になれそう. 1874年に作曲された交響詩「モルダウ」。 中学時代、音楽の時間に初めて聴きました。 非常に美しい曲だと思いました。 しかし当時は合唱曲として歌ったため、その名残が良くない方に影響してしまいます。 現在でも管弦楽曲としてのモルダウを聴いた際に、日本語の歌詞が頭の中を勝手に流れてしまいうのです。 私個人としては、歌詞不要の曲だと思うようになっているため、言葉による先入観を排除したいのです。 良くも悪くも、これが私にとってのモルダウの印象です。 今回聴いたレコードには、連作交響詩「わが祖国」のうち、第1曲「ヴィシェフラド(高い城)」と第2曲「モルダウ(ヴルタヴァ)」がB面に収録されています。 B面の1曲目は、ハープの流れるような柔らかい旋律で始まる「ヴィシェフラド(高い城)」。 2曲目が、若い頃から耳馴染みのある「モルダウ(ヴルタヴァ)」。 スメタナの生きた時代は「激動」と表現されるものかもしれません。 様々な時代の出来事も包み込むかのように流れるモルダウ(ヴルタヴァ)川は、今でも存在し続けています。 インターネットで海外の情報も簡単に得られる時代ですから、スメタナのイメージした風景の画像を眺めながら聴くのも一興かと思います。 「モルダウ(ヴルタヴァ)」のラスト。 しばしの沈黙の後に訪れる「ジャンッ。ジャン。」のタイミングを合わせて楽しんだりしています。 私にとって交響詩「モルダウ(ヴルタヴァ)」は、チェコをイメージさせてくれるロマンに溢れた1曲です。 いつの日か、モルダウ(ヴルタヴァ)川を眺めながら、スメタナの音楽を聴いてみたいものです。. 連作交響詩「わが祖国」はチェコの作曲家、ベドルジハ・スメタナが1874年から1879年にかけて書いた6曲からなる交響詩です。 6つの曲にはそれぞれチェコの自然や歴史に因んだ標題が付けられています。. スメタナが1874年から79年にかけて作曲した連作交響詩。作曲者の祖国チェコスロバキアの歴史と自然を題材にしたもので、『ビシェフラード(高い城)』Vyšehrad(1874)、『ブルタバ(モルダウ)』Vltava(1874)、『シャールカ』Šarka(1875)、『ボヘミアの森と草原から』Z čeckých luhů a hájů(1875.

モルダウ(ヴルタヴァ)は、プラハの市街地を流れる川の名前です。 チョコ国内で最も長い川で、その長さは430kmにも及びます。 「モルダウ」はドイツ語の呼び名です。 以前、NHKで放送された番組に、モルダウの演奏に合わせて源流から風景を辿るというものがありました。 海外で制作された番組だったかもしれません。 その番組を見ながら、風景を音楽で表現することのできたスメタナに感動を覚えました。 私の故郷の函館にも、「このような曲が存在していたらよかったのに」と思います。 そういえば、「誰かに住む街聞かれたら、はい、はこだてと答えます。」という歌詞で始まる曲がありました。 久しぶりに思い出しました。. まずチェコの山奥深いモルダウ川の水源から雪が溶けて水が集まっていく様子が描かれ、森を抜け、勇壮な狩人が横切りる。 そして角笛が響き渡り、村の結婚式の傍を行き過ぎ、月明かりの静寂の中、水辺を妖精が舞い踊る。. 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリンフィルハーモニー管弦楽団1967年4月14~17日ベルリン イエス・キリスト教会. php洗足学園音楽大学 Senzoku Gakuen College of Music公演名:レパートリーオーケストラ演奏会日時:. モルダウはスメタナ作曲:交響詩《わが祖国》よりの第2曲であり、第6曲の中、そしてスメタナの作品の中でも最も有名な曲です。 豊かな情景が浮かんでくるような美しい旋律による雄大な音楽です。. 実はこのチェコ民謡『Kocka leze dirou』自体も、16世紀イタリアの古い楽曲『La Mantovana ラ・マントヴァーナ』を起源としていると考えられる。 同じルーツを持つ(と考えられる)他の有名な曲としては、イスラエル国歌『Hatikvah ハティクヴァ(希望)』、ドイツ民謡『こぎつね』などが挙げられる。詳しくは、イスラエル国歌の解説ページを参照されたい。.

デジタル大辞泉プラス - モルダウの用語解説 - チェコの作曲家ベドルジハ・スメタナの交響詩(1874)。原題《Vltava》。連作交響詩『わが祖国』の第2曲のドイツ語名。ヴルタヴァ川(モルダウ川)の源流からエルベ川に合流するまでの情景を描いた作品。. Amazonで渡鏡子のスコア スメタナ 交響詩≪モルダウ「ヴルタヴァ」≫ (zen-on score)。アマゾンならポイント還元本が多数。渡鏡子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. com で、スメタナ:交響詩《モルダウ》、他 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. 連作→いくつかの作品で構成される; 交響詩→オーケストラで演奏される、ストーリーのある音楽. 。) その誕生は1824年(文政7年)3月2日で、オーストリア帝国リトミシュルです。 リトミシュルには、現在世界遺産に登録されているリトミシュル城があります。 スメタナの時代、チェコはオーストリア帝国の支配下にありました。 スメタナ自身、チェコの国家独立を願っていました。 チェコに対する愛国心は、スメタナの音楽性にも影響を与えることになります。 国民楽派という、民族主義的な音楽スタイルの先駆け的存在となりました。 スメタナの場合は、チェコの民族主義が深く関係していることは疑いの余地がありません。 幼い頃のスメタナは、ピアノでその才能を発揮します。 その後は、プラハで音楽を学びます。 スメタナは、20代半ばで最初の民族主義的な作品を作りました。 しかし、出身国の首都プラハでは成功を収めることはできませんでした。 スメタナ/交響詩 その後移住したスウェーデンで、音楽の教師、聖歌隊指揮者として名を馳せることになったのです。 時期を同じくして管弦楽団用の作曲も始めています。 1860年代にスメタナはプラハに戻ります。 モルダウを含む「わが祖国」を書いたのは、1874年(明治7年)~1879年(明治12年)にかけてです。 第1曲「ヴィシェフラド」の構想は、1872年(明治5年)から始まっていました。 その後、スメタナは体調面での問題が生じてきます。 1874年(明治7年)には聴力を失ってしまったのです。 ところが、その後も作曲活動を継続するのですから、音楽、しいては故国に対する強い想いを感じます。 1884(明治17年)年には精神疾病を伴う病で保護施設に入れられ、5月12日に亡くなりました。. スメタナ作曲、連作交響詩「わが祖国」の第2曲の「モルダウ」の曲に岩河さんが作詞した合唱曲です。 モルダウ川はチェコを流れる川で、現地ではヴルタヴァ川と呼ばれ、ボヘミヤ地方に端を発し、首都のプラハを貫流しています。 歌詞 岩河 三郎. チェコの国民音楽として作曲されたスメタナ『モルダウ(The Moldau)』では下の楽譜の画像で示した主旋律(主題)が頻繁に登場するが、チェコに伝わる民謡『Kocka leze dirou(穴から猫が)』でもこれに似たメロディが登場する。 曲の調性は異なるが、メロディ進行や音階の推移には似ている部分が多い。スメタナは、このチェコ民謡からインスピレーションを受けて、チェコをイメージさせる「音のモチーフ」として転用した可能性も考えられる。. See full list on worldfolksong.

交響詩 【モルダウ】 スメタナ 音楽 交響詩「モルダウ」【作曲】スメタナ【指揮】飯森範親【演奏】東京. やがて、徐々に水量が増えていき、突然の急流に水しぶきが上がる。 いよいよプラハ市内に入り、勇壮な古城を讃えるかのごとく華やかな演奏が続き、そしてモルダウ川はプラハ市内を抜け悠然と流れ続けていく・・・ 写真:プラハ市内を流れるモルダウ川(ヴルタヴァ川). ドヴォルザーク:交響曲 第9番≪新世界より≫ スメタナ:交響詩≪モルダウ≫ ヘルベルト・フォン・カラヤン 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団. かえるのうたが きこえてくるよ♪ 日本の童謡『かえるの合唱』ルーツ?.

ベドルジフ・スメタナの代表作ともいえる交響詩 ”我が祖国” より第2曲<モルダウ> 祖国であるチェコの独立を願い、国民音楽として記念碑的な交響詩を創作しようと. プラハを離れる前、スメタナは交響詩『わが祖国』の作曲を開始した 。このうち、最初の2曲、「ヴィシェフラド」( Vyšehrad )と「ヴルタヴァ」( Vltava )の2曲は、プラハ滞在中に完成しており、1875年中にプラハで2曲とも演奏されている 。. チェコを代表する作曲家スメタナが祖国の歴史と自然を謳った連作交響詩『わが祖国』の第2曲。源流からプラハを流れ、エルベ川へ合流するヴルタヴァ川(モルダウ川)を描く。音楽の授業でもよく歌われたポピュラーな楽曲。この番組は、20世紀を代表するハンガリーの指揮者ゲオルグ・ショル. スメタナ 交響詩「わが祖国」より「モルダウ(ウルダヴァ)」 フルトヴェングラー指揮 1951年録音. 連作交響詩「わが祖国」 スメタナ/交響詩 モルダウ 連作交響詩「わが祖国」は、長年オーストリアの支配下にあったチェコの音楽家スメタナが作曲しました。チェコの自然や文化の美しさを1連の交響詩として描いており、またチェコの独立を願って愛国心を込めた曲でもあると言わ.

スメタナの交響詩「モルダウ」を聴いてみましょう 20世紀後半に活躍した指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリンフィルハーモニー. ベドルジハ・スメタナ (Bedrich Smetana) の連作交響詩『我が祖国』(Ma Vlast) は、「モルダウ」が特に有名です。ここでは解説のあと、お薦めの名盤をレビューしていきます。. Amazonで角野 裕のスメタナ:交響詩《モルダウ》連弾 (全音ピアノライブラリー)。アマゾンならポイント還元本が多数。角野 裕作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95《新世界より》/スメタナ:交響詩《モルダウ》/リスト:交響詩《前奏曲》が交響曲. フリードリヒ・スメタナ(ドイツ語名)は、チェコ出身の作曲家でありピアニストです。 指揮も行なっていました。 私のスメタナに対する印象は、もっぱら作曲家のイメージが濃厚です。 「フリードリヒ」として記憶していましたが、チェコ語では「ベドルジハ」です。 (いずれにしてもここではカタカナ表記ですが. 『我が祖国』 ( わがそこく 、 ( チェコ語: Má Vlast )は、ベドルジフ・スメタナの代表的な管弦楽曲で、1874年から1879年にかけて作曲された6つの交響詩からなる連作交響詩。第2曲『ヴルタヴァ』(モルダウ、バルタバ)が特に著名である。.

See full list on artisticpromenade-hw. ドヴォルザーク:交響曲 第9番≪新世界より≫ スメタナ:交響詩≪モルダウ≫ SACD Hybridの通販できる商品のページです。dショッピングはドコモが運営する総合通販。 クラシック、クラシックなどお得な商品を取り揃えております。 ドコモ払いとdポイントが使えます。. mp3 スメタナ 交響詩「わが祖国」ボヘミアの牧場と森から指揮ジョージ・セル ニューヨーク・フィルハーモニック 1951.

スメタナ/交響詩 モルダウ

email: ryjuze@gmail.com - phone:(706) 876-7955 x 7344

Deluxe! -

-> ガガ・イン・ザ・ミックス
-> We Were Exploding Anyway

スメタナ/交響詩 モルダウ - アケタオカリーナ祭り


Sitemap 1

ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版);ベートーヴェン:交響曲第2番、第7番 - 発注不可 グッドプライスCD